結婚式の料理選び方!どう選ぶ?何がある?

 

結婚式の料理

結婚式に参加される方の楽しみは、なんといってもお料理!新郎新婦の幸せそうな顔を見たいというのもありますが、やはりお食事は楽しみなものです。

日常で「コース料理」を食べることってそうそうないことですもんね。

そんなゲストの期待を裏切らないために、新郎新婦の二人は何をするべきなのか、どうするべきなのかをまとめましたのでご参考にしていただければと思います。

 

結婚式の料理金額相場

結婚式の際に提供される料理金額の相場はお一人あたり約15,000円程です。その他に飲み物代金やケーキ代金等が別途掛かってきます。

あくまで相場価格ですので、式場によって料理金額は異なります。15,000円の料理を選んだから安心!と思わないでください。

 

式場によっては15,000円の料理内容はフルコースではなく「特別料理」ということもあります。この特別料理というのは「スペシャル」ということではなくて「特別に安い内容で作りました」ということがあります。

 

※余談ですが・・・料理金額の相場は15,000円程ですが、式場見学に行き見積りを出していただくときは10,000~12,000円で計上されていることが多いです(料理のベース金額)。その場合、3,000~5,000円上がることになりますが50名様の披露宴なら【3,000円×50名=150,000円】【5,000円×50名=250,000円】更にサービス料が10%加算され、消費税も加算されます。

 

式場の見学に行った時に注意する点は、

新郎
新郎
試食した料理内容で見積りを作成してほしい
新婦
新婦
1年を通してよく選ばれている料理金額で見積りを作成してほしい

ということをお伝えしておくと安心でしょう!

 

料理の種類

結婚式の料理でよく選ばれているのはフランス料理が圧倒的に多いです。他には和洋折衷、日本料理、中華料理、イタリア料理があります。ご検討されている式場がどんな料理の種類が用意可能かどうかも併せて確認しておくといいでしょう。

 

フレンチコース

フランス料理で「フルコース」と言われる内容は以下の通りです。

冷前菜(アミューズ)お食事前に胃を動かして食欲を促す目的
温前菜(オードブル)
パン
スープ
魚料理
お口直し(ソルベ)魚料理の後に口の中をすっきりさせる目的
肉料理
デザートこの時にウエディングケーキも一緒に出されることが多い

 

一般的にはこのように婚礼料理は8品で構成されることが多いですが、本来は肉料理の後にチーズやフルーツが出されるようです。先程申し上げた「特別料理」というのは冷前菜(アミューズ)をなくして品数を少なくすることで料理金額を下げています。

 

式場によっては披露宴が始まる前に「ウェルカムパーティ」といって立食に近いイメージでフィンガーフードとお酒を楽しむ時間もあります。

品数や内容に決まりはありませんが、ご列席いただく方の層を見て、親御様にも相談しながら進めるのが良いでしょう。フルコースでなければ料理を「ケチった」と思われると嫌だから、フルコースにしようと考えてもご列席の方は年配者ばかりで皆様小食だとします。

ゲストの方は「お祝いの席だし残したらまずいかな・・・」と逆に気を遣わせてしまいます。なので一概に品数が多い方が良いとは言えませんが、親御様とプランナーに相談しもって決めていきましょう。

 

折衷料理や日本料理でもそうですがコース内容に海老やマグロ、イカ、タイを用いることがありますが、これは紅白やおめでたいことを表しています。フランス料理でも魚料理や前菜でオマール海老を使用されることがありますが、そのためです。

また、フランス料理は基本的にナイフとフォークを使用してお召し上がりいただきますがご年配の方に配慮して「お箸」を添えるケースもあります。その場合は肉料理をカット(スライス)できないので事前に厨房でカットしてくれます。

 

そんなお心遣いって素晴らしいですよね。

 

 

日本料理

日本料理を選ばれる方は恐らく神社結婚式や料亭での披露宴を検討されている方だと思います。私たち日本人でも和食の会席料理を食べる機会は減っているので、日本の良き文化に触れる良い機会かと思います。

 

先付(さきづけ)前菜
椀物(わんもの)吸い物、煮物
向付(むこうづけ)お刺身
鉢肴(はちざかな)焼き物、焼き魚
強肴(しいざかな)炊き合わせ等
止め肴酢の物
食事ご飯、味噌汁、香の物
水菓子果物

 

上記は日本料理のメニュー例ですが、フランス料理に続いて選ばれることが多いのは「和洋折衷料理」です。折衷とは、いくつかの異なったものの良いところを合わせて、一つにまとめることです。洋食と和食のミックスコースという認識で大丈夫かと思います。

 

 

 

料理の選び方

ゲストの方が美味しいと言って喜んでご飯を食べてくれることを想像しながら打ち合わせをするときって楽しいものです。

式場によっても用意されている料理が異なりますので、どんな料理にするのか、どんな内容にするのかは式場が対応可能な範囲で親御様と相談しながら決めていくのがいいでしょう。

 

私がここで言いたいのは、式場を決める前に「式場によって相場価格が違うよ!」ということ。

同じフランス料理だってレストランによって価格は違いますよね?結婚式も一緒です。例えばビルやホテルの上層階で夜景を一望しながらのレストランと、こじんまりしたレストランで食べる料理では掛かっている経費が違います

 

和食だってそうです。京都の「一見さんお断り」風な料亭で食べようと思うと2、3万円とかします。じゃあ食材に違いがあるのかと言うと、多少違うんでしょうが店内に飾られている食器や掛け軸、お料理に使われている食器等が高級なのです。

 

そんな中で食べるから料理金額も高めの設定になっています。

 

結婚式場も一緒です。AのホテルとBのホテルでは同じ料金でも内容が違います。内容を合わせると料金が違ってきます。二人が「良いな」と思った式場の価格設定はどうなっているのか、表向きの金額ではなくて例えば会場に掛けている経費や立地条件、装飾品などもヒントになりえます。

 

「料理をケチったな」と思われないためにまず二人が注意しないといけないのは会場選びです。料理選びではなく会場選びが重要です。料理の打ち合わせは結婚式の約1か月程前に行いますが、それまでの間に他のアイテムは打ち合わせを終えている状況です。

 

最後の最後に決める料理の為に、予算は残っていますか?料理をケチらないために、今まで頑張って行ってきた打ち合わせで決めたアイテムの質を落とす勇気がありますか?

そうならないために、会場を決定する前に「よく出ている料理金額で見積り」を取ってもらうことが大切なのです。

 

美味しい、まずいは人の感覚なのでそれだけで判断せずに、どんなサービス(配膳)をしてくれて、どんな風に料理を作ってくれて、どんな顔をしてゲストのもとへ料理を運んでくれるかを確認するとより温かい結婚式になりますよ。

最新情報をチェックしよう!