実録!勝尾寺でのロケーション撮影

広大なロケーションでの前撮り写真

お客様からのお問合せを頂き、箕面市にある「勝尾寺(かつおじ)」に行ってきました!初めて行きました、勝尾寺・・・桜の名所でもあるこちらのお寺さん。

どんな写真が撮れたんでしょうか。

 

 

勝尾寺って?

皆様、「勝尾寺」ってご存知でしょうか?

なぜ今回こちらでロケーション撮影を行うことになったかと言いますと、新婦のご実家がとても近くて、ロケーションが素晴らしいので「勝尾寺で撮影したい!」とのことで行ってまいりました。

 

勝尾寺は箕面市に位置し、奈良時代から続く由緒あるお寺さんだそうです。

第六代座主の行巡上人は、清和帝の玉体安隠を祈って効験を示した事より、王に勝つ寺「勝王寺」 の寺名を賜ったが、寺側は王を尾の字に控え、以来「勝尾寺」と号す。

引用:勝尾寺パンフレットより

正門を通って、裏側から見ると「勝王寺」の表記があったので「なんでかなぁ」と調べてみると、そんな理由があったんですね(あんまりよくわかっていない・・・笑)。

 

山の中にあるお寺さんなので、自然パワーが半端じゃない気がしました。空気も澄んでいて、滝もあるので深呼吸をするととても気持ちが良い!上の方へ上がっていくとおみくじがあり、それは通常のおみくじとは異なります。ミニダルマの中にみくじが入っているのです。

そしてそのミニダルマ、お寺敷地内のいたるところに「ミニダルマ」がいます!いくつあるか分かりませんが、とんでもない数があります!道端、石堀の中、果ては滝の中にまでダルマがいました。一体どうやって置いたのか・・・。

驚いたのが、何の支えもないはずなのに一つもコケていたり下に落下しているダルマがいないのです!これには驚きました。風も吹けば雨も降り、安定しない場所に置かれているダルマはコケて当然なのに・・・不思議です。何か特別なパワーで守られているのか。

 

この勝尾寺は桜の名所でもあり、桜の季節だけでなく紅葉の時期にもたくさんのお客さんが来られるそうです。

 

実家でお着替え

新婦の実家がとても近いので、お借りさせていただきお着付けをしました。よくお客様のご実家をお借りするのですが、いい思い出になります。住み慣れた家と一緒に着物で撮影するのも「おつ」ですよ。ご近所さんも野次馬のように集まってこられたり、ご親族さんも来られる時もあります。

 

昔、親御さんと撮った写真と同じアングルで撮影するのも良いですね!

さぁ、お着付けも整ったので撮影に行きましょう。

 

正門前で撮影

めっちゃ良い天気!!

なのに桜がまだ咲いていない・・・。今年の桜は本当に遅い気がします。4月に入って雪が降ったところもあったそうですもんね。

 

桜の撮影は別の場所へ移動して撮影しましょう!と急遽スケジュールを変更して、桜がたくさん咲いている場所はお二人にお任せしました。こうした急な変更ができるのも地元ならでは。勝尾寺での希望撮影カットを早めに撮りきらないと日が暮れてくる可能性もあるのでテンポよく撮影を進めていきます。

 

そしてこちらがお二人に教えて頂いた桜並木のロケーションでのカット。

 

「桜のトンネル」になっています。住宅街ではありますが、道の両側に桜が咲いている場所はそうそうないのではないでしょうか?

閑静な住宅街に静かに咲き誇る桜のトンネルは圧巻でした。

 

素敵な時間と経験をありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!