式場選びの極意!【タイプに合わせた探し方】

結婚式の金額

結婚式場ってたくさんあり、どういう風に選んでいくのか分からないですよね。ここでつまずく新郎新婦さんがかなり多いです。当然のことです、初めてのことですから。

 

ではどういう式場の選び方があるのか、それらの選び方はどういう特徴があるのかをご説明していきます。

そして「お客様のタイプに合わせた」探し方をご紹介します。

 

 

 

 

 

1.雑誌、インターネットを見て気になったところを見学

紙媒体やポータルサイトから、気になった会場をリストアップしていき自分たちで会場見学の予約を取っていくパターン。

ZAKI
ZAKI
お客様タイプ:「会場の雰囲気重視」で選ばれる方

という方なら、動き方は合っていると思います。

 

特徴:理由は、雑誌やインターネットに掲載されている情報は「イメージ特化型」だからです。目をひく画像、おしゃれな雰囲気で全体的なブランディングをお客様にご覧いただき集客につなげているので、細かな情報は特に必要ないと思います。

 

 

 

 

 

2.無料式場相談カウンターを利用して見学

今、結婚式を控えているカップルが一番多く利用しているのが無料相談カウンターではないでしょうか。主要都市に必ずといっていいほど店舗展開されているところがあります。

ZAKI
ZAKI
お客様タイプ:「調べる時間もあまりないし、お勧めの会場があるなら紹介してもらう」という方

なら動き方は合っていると思います。

 

特徴:理由は、お二人の希望イメージ等をお伝えすると、カウンターがお勧めしているいくつかの式場が紹介されます。そして見学予約等もカウンターで行ってくれますのでお二人にかかる手間が大幅に省かれるからです。

 

「特典重視で選ぶ」という方にはあまりお勧めしない動き方だと思います。

 

 

 

3.自分たちで式場を探して見学

どこにどんな式場があるか、一から自分たちで調べていくパターン。

ZAKI
ZAKI
お客様タイプ:「自分たちで納得できるように、値段交渉をして安く済ませたい」方

なら動き方は合っていると思います。

(特に営業マンの方ならとても合っている探し方だと思います※交渉術の点で)

 

特徴:調べる材料はポータルサイトや紙媒体等を使用するのですが、そこから派生していき公式サイト、口コミサイト等を調べて直接式場へ問い合わせていくことになるので時間がかかります。

ですが間に業者を挟まないので、不要なマージンは省かれて安く済ませることができます

 

 

 

 

4.特殊

ご実家がお寺・神社、学会や宗教の兼ね合いで、そこに通じるところで結婚式を行うパターンです。いろいろある式場から選ぶというよりかは「すでに決まっている」という方がイメージとしては近いでしょうか。

 

 

 

 

 

式場を探す前に行うこと

大きく分けて4つの式場の選び方をご紹介しましたが、お二人の考えによって式場選びをしていくことをお勧めします。

新郎
新郎
自分たちで納得いくまで調べる
時間もないからとにかくお勧めが知りたい
新婦
新婦
新郎
新郎
結婚式場のイメージはとても大切
金額よりも中身が大事
新婦
新婦
新郎
新郎
とにかく安く済ませるならどこでもOK
オーソドックスに
新婦
新婦

色んな考え方がありますが、結婚式場を探す前にまずは二人でたくさんお話をしてみてください。お話の内容は漠然としたことでも結構ですが、「どんな結婚式にしたい」のか、「結婚式で誰に何を伝えたいのか」をお話していただくのが良いのではないでしょうか。

 

そして二人の優先順位を決めてください。結婚が決まってから大きくお金のかかる「結婚式・指輪・新婚旅行・新生活」の中でまずこだわりたい項目はどれなのか・・・こだわりのある項目から予算を決めていくと現実的に結婚式にかけられる予算もおのずと算出されるかと思います。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!