ドレスを探している方必見!最近のドレス事情

ドレスの展示会へ行ってきました

ドレスの展示会へ行ってまいりました。普段は京都で行われているのですが、最近では大阪でも開催されるのでありがたい限りです。

今回は「蜷川実花」さんと「ディズニープリンセス」の展示会でした。

 

正直に言うと、衣装店で働いてはいますが私がドレスを着せ付けるわけにもいかないので結婚式のプロデュースや総合相談専門なのでドレス仕入は衣装の専門スタッフと一緒に買い付けに行き、私は式場とのバランスや当日の演出面等からドレスを選ぶ方が近いです。

 

(すごく情報の薄い内容だったらすみません。)

 

それでも、可愛いドレスがあるといいな。

 

 

インポート系ドレス

最近の流行りと言えば「インポートドレス」ですね。海外で裁縫されているものや、海外ブランドのドレスって、生地を一枚で仕上げているような「ナチュラル」感と、どこか品を感じさせる雰囲気が特徴です。

インターネットに上がってくるイメージ画像もモデルさんがアンティークやナチュラルな背景で、綺麗に撮られているものを見ると「自分も着てみたい!」ってなりますよね。

 

ここ最近のお客様のイメージは「王道」よりも「ナチュラル」な希望が多いように思います。Aラインやプリンセスラインよりも、エンパイヤやスレンダー等の「シュッとした」ような、「ストーンとした」ようなドレスです。

(擬音語の多い、大阪特有の表現ですね、すみません・・・)

 

 

今回仕入れたウエディングドレスはこちら!

 

 

 

可愛いでしょ?!

 

ぱっと見て、

ZAKI
ZAKI
これをモデルさんに着せてほしいです!

とすぐに声を掛けました。私のイメージではレストランウエディングや文化財等のクラシカルな建物での結婚式に特に合いそうだなと思い、仕入れました。

 

 

肩口のボレロは両サイドにスリットが入っていて、可愛さの中にも大人らしさが見え隠れするドレスです。

 

 

後ろ姿も可愛いですねー。

 

 

 

 

 

カラードレスはチュール

今回の買い付けドレスは「グリーン(緑)」が良いねということを事前に打ち合わせていて、目当てのものは既にありました。それがこちらのドレス。

どうです?可愛くないですか?

 

ちょっと淡い、くすんだようなグリーンが大人の女性にも好まれそうなドレスです。しかしチュールを使用しているので「ふわっ」としたようなスカートラインになるので可愛らしさもあります。

腰部分にある「サッシュベルト」は別売だったんですが、これも他のドレスにも合いそうなので一緒に仕入れましょう。

 

 

 

 

蜷川実花さんのドレス

さて、すごいドレスですね。どこから見てもお花や蝶々の柄が見えます。「どの角度から見ても美しい」のは花嫁さんも嬉しいですよね!とにかく華やかです。

 

蜷川実花さんのドレスは柄が可愛いのももちろんなのですが、ラインがすごく綺麗なんですよね。

ウエスト部分はきゅっと締まっていて、スカート部分からはふわっと女性らしい曲線があるというか・・・。男性から見ても可愛いなと思います。

 

 

そして、ちらちらとタキシードも物色していると

ZAKI
ZAKI
ん?なんか色鮮やかなものが見えたような・・・

 

手に取ってみるとタキシードも蜷川実花さんデザインのものがありました。

 

さすがにジャケットやパンツに「柄」はなくベスト・タイが蜷川実花さんの世界観が演出されていました。すごくいいと思います。新郎新婦で合わせると「バチっ」と合うんでしょうね。

 

 

ディズニーコラボドレス

夢の世界、ディズニーワールド。ディズニープリンセスたちをモチーフにしたドレスがあります。世界観だけ記事にさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

ドレス選びの参考に

おしゃれって、「長いような、でも短い」とか「甘い中にも辛さもあり」といったような対局にある表現をよく用いるなと記事を書いていて感じました。でもその絶妙な落としどころになるポイントが、その人の好みにバチっと合ったときに「これだっ!!」となるのでしょう。

 

着たいものを着て、心の底から自然と湧き上がる「幸せ」や「楽しさ」が演出されていると思います。やっぱり、節目に着る衣装というのは特別だと思います。

 

 

ただ、結婚式当日のことを想像しながらドレスを決めるというのも一つの案ですよ。例えば・・・

 

  • 会場がそこまで広くないから、裾の広がったドレスはやめておこう
  • ゆっくり食事をして、ほとんど席に座った状態だから胸元の派手なドレスにしよう
  • お色直しはしないけど、トイレ休憩で中座をするから2WAY(同じドレスで趣が変わる)ドレスにしよう

 

 

などなど、「当日〇〇をするからこういう衣装に」という選び方をするなら先に「どんな結婚式にしたいか」を考える必要があります。でも結婚式場と進行の打ち合わせをするのは結婚式の約1か月前です。その時期だともうドレスもその他の商品も決まっています。

 

先に「どんな結婚式にしたいか」、「何をしてゲストをおもてなししたいか」、「どんな風に感謝の気持ちを伝えたいか」を漠然とでも良いので二人で考えて頂くと結婚式の打ち合わせも濃いものになり、地に足の着いた考え方で物事を判断できるようになります。

 

 

最新情報をチェックしよう!