コロナを吹き飛ばす!100点満点笑顔の新婦の結婚式~披露宴編~

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」

「どんなことをすればいいの?」

「当日は何を用意しなければいけないの?」

 

全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては少し落ち着いたように思いましたが、11月に入り『第3波』を予感させる連日の感染者数増加のニュース…一日も早い終息、不安が払拭されることを祈るばかりです。

 

さて、今回の記事では2020年11月に実際に行られた結婚式をご紹介します!

状況が日ごとに変わっているので参考になるかは分かりませんが、こんな状況でもやっぱり結婚式って良いものだと改めて感じることができたので是非ご覧いただきたいと思います。

 

実際に行った感染対策や準備物などをご紹介していきますので、これから結婚式を控える新郎新婦の参考になれば幸いです

 

関連記事

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」 「どんなことをすればいいの?」 「当日は何を用意しなければいけないの?」   全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては […]

関連記事

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」 「どんなことをすればいいの?」 「当日は何を用意しなければいけないの?」   全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては […]

関連記事

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」 「どんなことをすればいいの?」 「当日は何を用意しなければいけないの?」   全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては […]

 

 

受付スタート

挙式が終わり、披露宴会場へ移動します。

 

受付は披露宴会場に準備をしましたが、ここでも2人のグッズがゲストの目を惹いていました。

招待状に同封された『返信ハガキ』の出欠はゲストにご協力をいただき、イラストを描いてもらっています。

出席か欠席の植木鉢に花を咲かせるというもの。

 

カラフルで、面白くて、可愛い返信ハガキの数々を展示しました。

 

受付の感染対策①

一般的な受付の流れはこのようなものです。

〇御祝儀を受付担当の方へお預けする

〇芳名帳へお名前などを記載する

〇席次表を受け取る

 

しかし今回、できる限り接触感染や感染リスクを軽減するためにいくつかの方法を取りました。

 

まず1つ目は『芳名帳をなくす』 というもの。

 

筆記具を使いまわしてゲストに芳名をもらう感染リスクを避けるというのが目的です。

その代わりに受付担当の方に直接ゲストへ名前を確認していただき、チェックをしてもらう方法を取りました。

芳名帳記載前に消毒液を置けば問題ないですが、今回2人と相談して芳名帳はなしになりました。

 

受付の感染対策②

2つ目は『御祝儀の受け渡しを避ける』 です。

通常であればゲストから受付担当の方へ直接手渡しにてお預かりするのが一般的です。

 

しかし今回は、大きな袋を用意して受付を済まされたゲストに直接、その袋へ入れていただくという方法を取りました。

大金をそんな風にして預かることに少なからず抵抗はあったのですが、感染リスクを避けるため…ということで受付担当の方からもゲストへご説明していただきました。

 

受付の感染対策③

3つ目は『席次表の手渡しを避けて、席に付ける』 です。

通常であれば受付担当の方からゲストへ席次表が手渡しされますが、今回は披露宴の席に置きました(接触感染防止対策)。

 

ただ、そうするとゲストが自分の席が分からずに迷子になってしまうので、披露宴会場の入り口に大きな席次表を設置しました。

 

 

大正ロマン風電工掲示版

前撮りで撮影した『大正ロマン風』の画像をウェルカムスペースに用意したのですが…

これがとても好評でした。

関連記事

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」 「どんなことをすればいいの?」 「当日は何を用意しなければいけないの?」   全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては […]

私の携帯写真なので少し見えにくいですが…^^;

見た瞬間に溢れるゲストの笑顔が印象的でした!

 

グッズ関係

今回、2人の創作品の数々が披露宴会場を彩りました。

ドライフラワーを花器にアレンジした手作りの『ゲスト卓装花』、ゲスト全員の似顔絵が印刷された『名札バッチ』。

70名規模の、全員分の似顔絵を描いてバッチにする…途方もない作業が安易に想像できます。

※映像関係も全て手作りでご用意されました。

 

披露宴開始前のスナップ撮影

ゲストが受付をしている間、2人には館内でスナップ撮影をしていただきました。

どこで撮影しても画になる建物ですが、階段での1枚は僕も大好きなスポットです。

 

披露宴スタート

披露宴のスタートはオープニングDVD。

デザイン関係のお仕事もされている新婦ならではのコミカルで楽しい映像にゲストはくぎ付けに。

乾杯と同時にゲストが高砂席に集まってくれました。

こんな風景を見るととても嬉しくなります。

 

友人スピーチ

このスピーチをしてくれた女性ゲストがとても面白かったです。

ながーい巻物をバサっと広げて読み上げるスピーチに吹き出す会場、いっきに空気が軽くなります。

 

お色直し中座

 

再入場

なんて素敵な笑顔なんでしょう。

この新婦が付けているヘア飾り、イヤリングも友人の手作りです。和装と、会場のレトロな雰囲気にピッタリ合っています。

 

ブーケプルズ

 

〇ブーケプルズ

ブーケに繋がれたいくつかのリボンをゲストに引っ張ってもらい、そのうち1本だけがブーケに繋がっているのでゲストに引き当ててもらうという演出です。

 

参加ゲストは『未婚女性』という風に考えられる方が多いですが、最近では既婚未婚は問わずに参加されているケースも多くあります。

現に、今回のブーケプルズには男性ゲストも参加しています。笑

 

実はこのプーケプルズ、なぜかすべてのリボンがブーケと繋がっておらず不発を繰り返しました…。

しかし変な空気にならなかったのはゲストの方々に助けがあったからこそ!本当に助かりました。

本当にすみません…。

 

プロフィールDVD

通常の披露宴では、プロフィールDVDは新郎新婦のお色直し中に上映をするのが基本です。

しかし今回のプロフィールDVDは新婦の友人が作成してくれたものなので新郎新婦もゲストと一緒に見ました。

 

「私の友人が作ってくれたDVDです。クオリティが高くて、とても良い出来なので是非一緒に見ていただきたいと思います!」

 

新婦からそんな風にしてゲストへ紹介してもらうと、きっと喜んでくれるし、DVD制作の苦労も労えるのでは、ということで新婦に紹介していただきました。

 

 

結びの進行

今回の結婚式、新郎新婦が希望していたことがあります。

 

「感動的というより、とにかく楽しく過ごしたい!」

 

だから新婦の手紙も照明は明るい中で、あまり感傷に浸らないように演出、披露宴の過ごし方も考えてきました。

結婚式の日、私は相手の親御さん(義両親)に対してこんなに無垢に笑っているお嫁さんはあまり見たことがありません。

 

エンドロールももちろん新郎新婦の手作り。

ここでゲスト全員のイラストが流れて、感謝の気持ちを伝えました。

 

とても嬉しかったのが、スタッフのイラストも最後に書いてくださっていて驚きました。

結婚式を迎えるまでにスタッフも、新郎新婦と一緒にチームになって創り上げている感覚なのでこういうことがとても嬉しいことだったりします。

 

おひらきとなり…

気疲れや和装の締め付けでかなりキツかったと思いますが、最後までニコニコ笑顔でゲスト全員をお見送りしました。

 

お見送り後はほっと一息で、和装でのスナップ撮影を少し。

スタッフとも記念に写真を撮らせていただきました。

 

 

お決まりの大正風カットも。

 

 

まとめ

今回、ゲストがたくさん来てくださるということで配席や感染症対策をどのようにしようかと打合せを重ねてきました。

 

「リモート結婚式なら絶対にやらない!」

 

私も同感でしたが、やはり現場の空気感を感じていただくことがとても大切なことだと思います。

結婚の誓い、ゲストへの感謝の伝え方、ゲストが感じる『来てよかった』という思い、ゲストから『おめでとう』と言ってくれるありがたさはやはり現場でないと伝わりにくいです。

 

 

コロナが拡大したり、少し落ち着いたりと浮き沈みもあり、結婚式を控えている新郎新婦、ご両家様は本当に辛い判断を強いられていると思います。

少しでも状況が良くなり、不安なく結婚式を挙げられる日が1日でも早く来ることを切に願います。

 

御結婚、本当におめでとうございます。

最新情報をチェックしよう!