コロナを吹き飛ばす!100点満点笑顔の新婦の結婚式~準備編~

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」

「どんなことをすればいいの?」

「当日は何を用意しなければいけないの?」

 

全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては少し落ち着いたように思いましたが、11月に入り『第3波』を予感させる連日の感染者数増加のニュース…一日も早い終息、不安が払拭されることを祈るばかりです。

 

さて、今回の記事では2020年11月に実際に行られた結婚式をご紹介します!

状況が日ごとに変わっているので参考になるかは分かりませんが、こんな状況でもやっぱり結婚式って良いものだと改めて感じることができたので是非ご覧いただきたいと思います。

 

実際に行った感染対策や準備物などをご紹介していきますので、これから結婚式を控える新郎新婦の参考になれば幸いです

 

関連記事

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」 「どんなことをすればいいの?」 「当日は何を用意しなければいけないの?」   全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては […]

関連記事

「コロナ禍で結婚式って出来るの?」 「どんなことをすればいいの?」 「当日は何を用意しなければいけないの?」   全世界で脅威となっている新型コロナウイルス。2020年6月頃~9月に掛けては […]

 

新郎新婦紹介

結婚式後、新婦から教えてもらったことがあります。

新婦
新婦
実は、宮﨑さんと会った初めての日が大雨で、午前中の用事を済ませた後だったこともあり疲れていたので二人で『やっぱり行くのやめておこうか…』みたいなことを話していたんです。笑

なんと。笑

けれど、行くだけ行ってみよう!と決心してくれたことが今回のご縁に繋がりました。

 

口数は決して多くはないけれど、大事な事や新婦の思いを汲んでくれる優しい新郎。

教科書通りの100点満点の笑顔の新婦(新婦に至ってはこれに変わる形容する言葉が見つからないくらい、素敵な笑顔)。

 

まだ若い2人だけど自分たちの『好き』や『やりたいこと』がしっかりあって、ゲストに対する『おもてなし』もしっかりと考えられていました。

 

どんな段取りで、結婚式にどんな準備を進めたのかをご紹介していきたいと思います。

 

お申込み

はじめて2人に会ったのは2020年3月、正式に結婚式が決まったのは4月です。

世の中的に『コロナウイルス大丈夫か?』という状況でしたが、私も含めて新郎新婦も「大丈夫!なんとかなる!事態も好転するはず!」と信じて準備を進めていくことを決めました。

緊急事態宣言の発令は2020年4月7日から2020年5月6日。

 

余談ですが、私がコロナ禍においてこれから新郎新婦が結婚式場と契約を結ぶときに、式場へ確認する3つのことはコレです。

〇延期になった場合の条件

〇キャンセルになった場合の条件

〇決行はするけど大幅に人数を縮小させる場合の条件

この3つを事前に確認しておくことで、一旦は新郎新婦が希望する日程で式場を抑えることができて、状況を見ながら準備を進めていくことができます。

得体のしれないウイルスではなくなってきて、しっかりとした感染対策を講じながら『決行・延期・中止』の判断を新郎新婦と両家で話し合うことができます。

 

招待状の作成

今回の結婚式は新婦の手作りアイテムが多数ありました。一番最初にゲストの目に触れたのが『招待状』です。

 

この招待状は本当にクオリティが高く、結婚式後に商品化で話が進んでいます。

面白いのが、両サイド見開きになっているのですが閉じると『中央公会堂』がデザインされていて、中には新郎新婦の自作イラストが描かれています。

更には会場の地図や当日のタイムスケジュールシート、『封緘シール』も手作りというこだわり。

 

挙式と披露宴会場が大正浪漫なレトロな建物なので、それに合わせたイメージで一から作成されています。

 

対策1.出欠席の返答はギリギリに

コロナの影響が今後どうなっていくのかは誰にも分かりません。

招待状を受け取ったとはいえ、新郎新婦は『大変な状況だけど絶対来てね!』という気持ちでは出しません。あくまで出欠の判断はゲストが持っています。

 

式場によっても異なりますが、一般的には人数〆切は1ヶ月前~10日程前に設定されています。

食材の手配もあるので致し方ない部分ではありますが、コロナ禍においてはもう少しギリギリまで『出席→欠席』への変更は可能にしている式場も多い です。

 

「出席で返信ハガキをくれたけど、状況を見ながら欠席に変更もできるから遠慮なく言ってね!」

 

この一言があるだけでゲストは判断が鈍らず、新郎新婦へも出欠席を言いやすくなります。

 

 

対策2.感染対策の案内状

招待状には『結婚式当日の感染対策』を同封しました。

 

〇各部屋の定期的な換気

〇関係者全員の検温

〇各所に消毒液の設置

〇スタッフのマスク着用

〇ソーシャルディスタンスの確保

〇ゲスト全員のマスク用意

 

世間で言われている感染対策ですが、これをしっかりと講じたうえで結婚式当日を過ごしていただきます。

 

 

当日を迎える迄

打合せを進めていく中で、新郎新婦が言っていました。

 

「リモート結婚式になるなら絶対に延期します」

 

私も同意見でした。単純に、友達や2人の知り合いに囲まれているあの素敵な笑顔がどんなに周りを明るく幸せにするんだろうというのを見たかった、というのもあります。

色々な意見があるとは思いますので何が正解、不正解ではないのですが…

 

現場で生み出される空気感や、その結婚式の価値というのはやはり挙げてみてはじめて『やって良かったな』と実感できることが多くあります。

結婚式の価値をどこに見出すかは人それぞれなので、新郎新婦や両家の意向が一緒なのであれば無理のないように進めて良いと思います。

 

国や誰か偉い人が『やったらだめですよ』『やっていいですよ』と言ってくれたほうがよっぽど気が楽なのですが、そんなこともないので今から結婚式を挙げる新郎新婦は準備の労力、気苦労など本当に大変だと思います。

 

しかし乗り越えた新郎新婦は強い、本当にそう思います。

 

欠席者もほとんど出ることがなく、ほぼ全員に出席していただいた挙式の様子は次の記事で更新したいと思います。

最新情報をチェックしよう!