実録!七夕のフォトウエディング

「前撮りってどこで撮影すればいいの?」

「ロケ地はどんなところがあるの?」

「中央公会堂ってどんなところ?」

 

結婚式の記念写真を行う場合、どこで撮影するか悩ましいところですよね。

今回は、七夕に撮影した実際のお客様の写真撮影の様子をご紹介 します。

 

「結婚式は挙げないけれど、記念になることはしたい」

 

そんな希望を抱く方は最近本当に多いですが、その場合は必ずご両家の親御さんに確認してくださいね!

中央公会堂でのロケーション撮影

2020年7月初旬。例年通りかもしれないですが、今年の梅雨は本当にジメジメという表現がピッタリの梅雨らしい梅雨でした。

また、熊本県を中心に九州地方では豪雨災害に見舞われ、各地で甚大な被害をもたらしました。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

 

今回の撮影当日もまた、梅雨の影響を受けて雨が降っていました。しかし、撮影は館内中心なので雨の影響はほぼ受けません!

公会堂の『特別室』の雰囲気は本当に素晴らしいです。どこでどう撮っても画になります。

柔らかい人柄と、ほわっと笑う笑顔の新婦にマッチしたドレスが何とも心地よかったです。見ていて優しい気持ちになれました(*^^*)

 

館内での撮影中、外を見ると雨がやんでいました!本当にお天道様にはいつも助けられています。

新郎が面白すぎました。笑

それにつられて笑う新婦の表情、こんな雰囲気の写真が個人的にはすごく好きです。

 

写真撮影でしたが、両家のご家族さんも来てくれて二人をお祝いしてくれました。

北上する堺筋からの公会堂には入れないので終日『歩行者天国』なので、外で撮影するとこんな風に撮れるのでオススメの場所です!

最新情報をチェックしよう!