金額の高い映像商品の選び方

「映像商品ってどんなものがあるの?」

「ダイジェストエンドロールって?」

「記録撮影って?」

「どう選べばいいの?」

 

商品自体の単価が高いのが映像商品です、映像商品を全て頼めば見積りが4、50万円くらいポンっと上がります。予算をいくらでも掛けられるなら良いのですが、そうはいきません。

 

この記事を読めば、それぞれの特徴を知って、2人にとって何を頼むのが良いのかが見えてきます。それは予算オーバーを避ける為でもあり、納得のいく商品の選び方ができます。

 

映像商品とは?

先日の打ち合わせで新郎新婦とこんな話になりました。

新婦
新婦
ダイジェストエンドロールも捨てがたいし、記録撮影も捨てがたい!あー!!!どっちにしよう!!?

 

『ダイジェストエンドロール』と『記録撮影』、映像商品の二大巨頭と言われる商品です。両方を頼むと約30~40万円ほどします。

両方頼めるならそれが一番良いんでしょうけど、予算の部分で悩まれる方が多いです。

 

僕はいつもこんな質問をします。

ZAKI
ZAKI
自分たちの結婚式を綺麗に、オシャレに振り返りたいですか?
ZAKI
ZAKI
それとも、じっくりと振り返りたいですか?

 

僕が考えるダイジェストエンドロールの価値とは、“ゲストへ向けたもの”と思います。結婚式当日にその価値が発揮されるゲスト向け商品 ということです。

 

記録撮影の価値とは、会場の臨場感、コメント、余興の内容等を含めて新郎新婦も見れなかった映像が収録されている為、新郎新婦が楽しむための新郎新婦向けの商品 であると考えます。

ダイジェストエンドロール

最近の結婚式ではほとんどの新郎新婦が頼まれている人気の商品で、結婚式当日に撮影した映像や写真をすぐに編集して披露宴の最後に流す『上映商品』 です。

商品名は『ダイジェストエンドロール』『撮って出しエンドロール』『ライブエンドロール』など、人や会場によって言い方は様々です。

上映のタイミング披露宴の最後
上映分数約3~5分程(BGM1曲分)
価格約15~25万円程

 

撮影内容

撮影する内容は主に3つから選ぶことが出来ます。

●挙式のみ

●挙式・披露宴(再入場まで)

●挙式・披露宴(記念品贈呈まで)

撮影するシーンによって価格が異なり、上映ギリギリまで撮影を行う『記念品贈呈まで』の撮影内容は一番高額になります。収録内容、編集時間もタイトなので高額になるのはうなずけます。

 

新郎新婦の要望によって、結婚式の内容によって撮影内容は異なりますが一番人気はやはり『挙式・披露宴(再入場まで)』ではないでしょうか。

 

しかし、挙式と披露宴が別会場で行われる結婚式は『挙式のみ』が人気だったりします。挙式の様子を見れなかった方にしてみれば、どんな挙式だったのかライブで見れるので、見ていて楽しいものでしょう。

 

 

上映分数

上映の分数は、選ぶBGMによっても異なります。お好きなBGM、使用可能なBGMの中から選べばその曲の分数が上映時間に比例します。

(3~5分程が多いです)

 

 

ポイント

ダイジェストエンドロールのポイントはやはり『臨場感』『サプライズ』ではないでしょうか。

 

先程まで目で見ていた様子を振り返るように上映されるのでゲストからしてみれば「凄いな!」と感じます。

(最近はよく見るために『サプライズ』感はなくなりましたね^^;

 

自分が映っていたりすると嬉しく感じるので、必死に自分を探すゲストもいます(*^^*)

 

ダイジェストエンドロールの特徴は、その日のうちに上映できるので『ゲストへ向けた商品』と言えます。

 

記録撮影

記録撮影とは、結婚式当日撮りっぱなしたものを後から編集して見返す『映像商品』 です。

商品名は『記録撮影』『記録ビデオ』など、人や会場によって言い方は様々です。

編集時間約30分~1時間30分程
価格約10~20万円程

 

撮影内容

撮影する内容は主に3つから選ぶことができます。

●挙式のみ

●披露宴のみ

●挙式・披露宴(おひらきまで)

撮影する内容によってお値段が異なりますが、『挙式のみ』の撮影が一番リーズナブルで、『挙式・披露宴』の撮影が高額になります。

 

 

編集時間

ダイジェストエンドロールとは違って、その日の様子を映像として残す商品なので、編集時間は長くなります(納品まで約1ヶ月半~2カ月程)。

挙式のみで約30分、披露宴のみで約1時間、挙式・披露宴で約1時間30分程です。

 

 

ポイント

記録撮影のポイントはなんといっても新郎新婦が見れなかったゲストの様子を見れることではないでしょうか。

 

披露宴入場前の会場内の様子、二人がお色直しの為に退席した間のゲストの様子などを見れるのは嬉しいものです。

 

他にも、二人の為にスピーチしてくれた人のスピーチ内容、余興の様子なども振り返って見ることが出来るので、『新郎新婦の為の商品』と言えるでしょう。

 

 

商品の選び方

映像商品の二大巨頭ともいえる『ダイジェストエンドロール』と『記録撮影』ですが、どちらのほうが良いのかは人によりますが・・・ここで最初の質問です。

 

「自分たちの結婚式を綺麗に、オシャレに振り返りたいですか?」

「それともじっくり振り返りたいですか?」

 

ダイジェストエンドロールは後日見返しても良いですが、その価値は当日ゲストへ見ていただいたところで完結していると思います。

※BGM著作権の影響で、当日上映したBGMではなく『著作権フリーのBGM』に差し変わる可能性もありますので会場、担当者へ確認してみてください。

 

記録ビデオは後から見返すことで、

「あんなこともあったね」

「ゲストはこんな風に過ごしていたんだ」

というように、振り返ることで価値を見出せる商品だと思います。

 

今一度2人で『何のためにその商品を頼むのか』を話し合ってみてはいかがでしょうか?

ダイジェストエンドロールを頼むとゲストはどう思うのか?頼まなければゲストはどんなふうに思うのか?

 

記録撮影を頼むと2人にとってどんなメリットがあるのか・・・。

 

 

私が選んだ方法・理由

参考までに・・・私自身が自分の結婚式でどんな風に選んだというと、

余興の空気感や、スピーチしてくれたゲストが『どんな話』をしていたか全編で残っているほうが良いなー。
ZAKI
ZAKI

 

という理由で記録撮影をお願いしました(^^)

 

よく先輩花嫁さんから「良い写真アルバムや映像を残していても見返す機会がないよ!」という声を聞きますが、私は結構見返しました^^;

 

むしろ子供ができて、子供と一緒に見返したりするとすごく幸せな気分になります。笑

 

ダイジェストエンドロールは依頼できる予算があればよかったのですが、そこまでの余裕もないし「さっきゲストが生で見てたものだしな・・・」ということで、自分たちの結婚準備を撮りだめていたものをエンドロールにしました。

よくジャッキーチェンやトイストーリーなんかで流れている『NGシーン』や映画の『(当日を迎えるまでの準備の)制作の裏側』みたいなものを自分たちで作りました。

 

まとめ

なんでもかんでも好きなモノを頼めるくらいの予算があれば問題ないんでしょうが、これからの生活のこともあるので節約する新郎新婦は多いです。

 

今一度二人が大切にしたいことやこだわりたいこと、『この商品を選ぶとどうなるか』という風にイメージしながら話し合うことが大切 なんだと思います。

最新情報をチェックしよう!