実録!『命の長い桜』ロケーション撮影

この記事はどんな記事?

実際のお客様の前撮りの記録
前撮りを検討している方向け

「今年の桜は例年よりもかなり早い開花でしょう」

 

えっ?!それはマズイ!!ニュースやネットからそんな情報が出ていました。大慌てで各スケジュール調整を行い、なんとか桜をバックにした撮影を行えるようにしました。

中央公会堂での撮影

新郎新婦の二人がこだわっていたのは『中央公会堂』での写真撮影。

新婦
新婦
中央公会堂のあの雰囲気で写真を撮りたいんです!

 

そう言われて相談に来てくれました。中央公会堂は本当に素敵なロケーションです、さすが重要文化財。

関連記事

「結婚式場はどこが良いかな?」 「人とは違う場所で挙げたいな」 「レトロな雰囲気が好き」 「一生無くならない建物が良い」   結婚式場を探している方、レトロな雰囲気が好きな方、良い感じの雰囲 […]

『緊急事態宣言』が出る前の前撮りでしたが、既に他の催事は自粛が出ており館内はとても静かでした・・・。

 

撮影開始【館内】

「こんな大変な時に申し訳ございません。今日は宜しくお願い致します。」

新婦のお母さんも撮影に同席してくれました。いえいえ、こちらこそです。

 

結婚式はまだ先のお話なので、どうなるかは分かりませんが延期続きや欠席連絡が続くとどうしても気持ちが滅入ってきます。少しでも今日は楽しんでくれればと、カメラマン・美容師も気合が入ります。

 

タクシーで公会堂に新郎新婦が到着しました。カメラマンが上から盗撮していました。笑

『特別貴賓室』からの撮影。

 

結婚式がある時は『チャペル』として使用していますが、もともとは『控室』として使用されていたようです。外国の要人をお招きして晩餐会が開かれていましたが、その会合が開かれる前の待合室だったのです、なんと贅沢な控室でしょう。

ステンドグラスから差し込む日光が、良い雰囲気を醸し出します。これはLEDではなく、完全な陽の光による明るさなので式場チャペルでは映し出せない仕上がりになります。

 

 

周辺ロケーション撮影

3月20日頃に開花予想だった桜・・・予想では4月1日とか、頭頃にはきっともう残っていないだろうとふんでいたのですが、異常気象でしょうか。

 

桜がまぁ見事に残ってくれていました!嬉しい誤算ですが(開花も結局例年通りくらいでしたからね^^;

桜がすごく似合う新婦でした。撮影していて、まさか今世界がこんなことになっているなんて・・・と思うくらい平和で幸せな写真でした。

一日でも早く、新型コロナウイルスの不安がなくなり皆様が安心に暮らせる世の中になりますように・・・。

最新情報をチェックしよう!