実録!マタニティが結婚式を行うために準備したこと

「妊婦なんだけど、結婚式できるかな…」

「ちゃんと過ごせるか不安」

「負担のないように過ごす方法は?」

「当日どんなことを対策しておけばいい?」

 

マタニティさんは外に出るだけでも不安が付きまといます。結婚式となればゲストへの気遣いをしながら、約半日もの間動きっぱなしになります。

 

僕は男なので、妊婦さんの本当に辛いことは分かりません。ですが、結婚式当日何を注意しなければいけないかは現場目線でお伝えすることはできます。

 

この記事では、マタニティが結婚式で行ったこと、当日のために準備した4つのこと をまとめています。

 

どうぞ参考にしてみてください。

お客様情報

新婦
新婦
帰国後に友人たちだけでお披露目パーティをしたいと思っているんですけど・・・。

 

まず、2人の紹介をさせてください。

〇ハワイで挙式済み

〇帰国後のお披露目パーティ予定

〇お披露目パーティは20名規模

〇マタニティで体調が優れない日が続いている

 

少人数のパーティですがカジュアルになりすぎないように、でもアットホームに過ごしたいという希望でした。

開催が危ぶまれたというのは、新婦がマタニティの為に体調が優れなかったので『お披露目パーティ』を延期もしくは中止にしようか迷っていました。

 

開催するために準備した4つのこと

新婦
新婦
実は体調があまり優れずでして・・・。

 

打ち合わせもある程度進んでいたころ、新婦から1本の連絡がありました。

 

「お腹の中に宿る命を守るためにはパーティを『延期・中止』にした方が良いのかどうか…」

 

その状況や状態にもよりますが、新婦は『決行』に強い希望 を持っていました。そんな思いを持っておられたので、僕は次のことを提案しました。

 

  • 進行は最小限に
  • お母様を待機
  • 美容師を待機
  • お見送りは座りながら

 

 

その1.進行は最小限に

当日のお披露目パーティでは友人のみが参加します。

語弊のある言い方かもしれませんが、親族も参加している披露宴よりも、ゲストだけの披露宴の方が無茶をしやすい のです。

披露宴と2次会をイメージしていただくと分かりやすいかと・・・。

なので、新郎新婦が動き回ったり、何か無茶なことがないように進行は最小限にとどめて、『苦しい・しんどい』などの状態になればすぐに控室に戻る という約束をしました。

 

ただ、万が一そうなってしまった場合は、パーティ会場に新郎新婦がいない状況が続く可能性があります。ゲストが待ちぼうけになる時間が出来ます。

 

そこで新郎新婦には2つのものを準備していただきました。

 

  • ハワイ挙式の写真データやアルバム
  • 参加しているゲストと撮った昔の写真

そうすれば、空き時間ができたゲストは手に取りアルバムを見る時間を過ごせます。

 

 

その2.お母さんを待機

当日、親族の出席はありません。

しかし「新婦のお母様だけは当日お越しいただき、控室に待機していただいては?」という提案をしました。

それは『気持ちの安心感』『主治医への連絡がスムーズに取れる』ということを目的としたものです。

 

 

その3.美容師の待機

これは『お母様の待機』と似たようなことですが、ドレスを一回脱いだりする時に『専門となるスタッフ』を待機させておくと安心です。

通常、友人だけで行う二次会等には美容師はいないことが多いのです。

ヘア・メイクを行い、ドレスの着せ付けが終われば撤収するというのが一般的です。

美容師がずっといるより、着付け・メイクアップ後に美容師が帰るほうが料金的にも安いのですが(拘束時間が短くなるため)、万が一のことを考えて待機させたほうが良いでしょう。

 

 

その4.お見送りは座りながら

披露宴が終了し、ゲストを『お見送り』するときに新郎新婦は立ってゲストをお見送り します。

 

しかし、ずっと立った状態でお見送りを行うにはマタニティさんにとっては負担のはずです。

今回は新婦だけでも座った状態でお見送りすることをお勧めしました。

 

 

 

パーティ当日

当日は快晴。

 

タクシーに手作りのアイテムを積み込んで新郎新婦はレストランに入りました。

ゲストの方々がご来館される前に、少しだけ新郎新婦と写真撮影をします。

「プロカメラマンは入れずにゲストが撮る写真だけでOK」とのことでしたが、折角なので僕も司会やプロデュースをしながら写真を撮らせていただきました。

打合せ通り、今回のパーティはほとんど進行らしい進行は入れていません。

 

演出は『ウエディングケーキの入刀のみ』。

 

しかし、2人の希望でもあった「お互いのゲストにパートナーを紹介したい」という思いから歓談時間をたっぷり取りました。

2人がゲストの席へご挨拶に回るのですが、新婦のお腹の具合も見ながら進めました。

 

マタニティ結婚式で嬉しいこと

妊娠している時の結婚式って大変なんですが、それ以上に新婦にとっては喜ばしいこともあります。

そうです!

お腹をさすってくれるんです。ゲストの方々から「楽しみにしているね!」「元気な子供が産まれますように」と願掛けをしてくれます。

 

こんなにたくさんの方にお腹をさすってもらえることもそうそうないので、素敵なことだなと思います。ただし無理は禁物です。

 

何より重要視してほしいのは、お腹の赤ちゃん。

 

それを2人もしっかり認識されたうえでパーティ開催に至りました。

 

ウエディングケーキに飾るケーキトッパーはお持ち込み。新婦が新郎の首根っこを引っ張っていて、ゲストから「あ~、なるほど(笑)」とかなり好評でした。

多分新郎新婦の関係性がよく分かったんだと思います。笑

 

 

ゲスト紹介

新婦
新婦
お互いのゲストのことをあまり知らないので、当日来てくださる方達と繋がれたら嬉しいです。

 

打ち合わせの時に、新郎新婦からこんなことを聞いていました。

新郎新婦がパーティ中にゲストのテーブルへお酌して回り、感謝の気持ちを伝えながらお互いを紹介するのも大切です。

 

ただ、演出は特に何も行う予定がなかったので『ゲストの紹介』を行いました。

僕が各テーブルを回り、新郎新婦の2人からどういう関係性なのかを紹介していただくというものでした。

 

事前に2人から『ゲストの人柄名簿』を預かり関係性をチェックしておきます。

そうすることで、新郎新婦にとってもゲストの方々はどんな方かを改めて認識することが出来ます。自分にとってどんな存在なのか。

 

中には滋賀県から来てくださった方もいらっしゃって、

ZAKI
ZAKI
今日は滋賀県から来てくださっています!

 

周りの方々もそれに反応してくれます。

そうすることで、遠方から来てくださったゲストの労がねぎらわれた気持ちになります。

 

当日、ほとんどのゲストは初めてお会いする人達ばかりです。でも『二人にとってどんな人か』を知ることで会場全体が柔らかい雰囲気に なります。

 

社交的な方なら、ビール瓶を持ってお酌に行くこともあります。ゲスト同士が交流するきっかけになりました。

 

まとめ

折角のお祝いの場ですから、出来れば皆が笑顔で、優しい気持ちで当日を楽しく過ごせるほうが良いと思います。

 

 

過ごしやすい空間をつくるために何をするのか、2人はどんな結婚式にしたいのか。

式場選びの前に、2人の想いを共有し合う所から始めてもいいのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!