実録!家族で過ごす大人のフォトウエディング

2019年10月。

 

最大級の台風19号が日本列島に上陸したことは記憶に新しく、今現在も復興のために尽力されているかと思います。

 

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。

 

 

一日も早い復興を祈念いたします。

 

 

さて、今回はそんな台風が直撃すると言われていた週末に行われた実際の結婚式のお話 です。

台風や災害時の結婚式はどうなる?

まず、自然災害等での結婚式の実施においてですが基本的には『決行』する と思います。

 

人命・安全第一ですが、式場やブライダル業者からの『中止・延期』の判断は出来ません

 

その理由は、主催者は新郎新婦であり、ご両家様だからです。

 

『中止・延期』の判断は主催者 にあります。

私たち業者は『決行』となれば考えられることを事前に尽くし、現場では最善を尽くします。

 

 

しかし、予知できない地震等の天災の場合は『式場が機能しない』こともあります・・・その際は式場側が『中止』の判断をすることもあります。

 

結婚式をしようにも、現実的に行えない状況です。

 

『中止・延期』となった場合のキャンセル料等金銭的なことは、式場によっても規約が違います。

 

しかし、どの式場や業者においても言えることは『決行・中止・延期』の、どの答えが出ても最大限尽力しようと働いてくれるはずです。

 

家族で過ごすフォトウエディング

このご両家さんの結婚式はありがたいことに、台風が過ぎ去った後に行われました。

 

関東方面から来られる親族もいて、「当日来れるかな・・・」と心配ではありましたが無事に全員揃いました。

 

もともと、二人はこのように話していました。

新郎
新郎
結婚式は挙げなくてもいいかな。
でも記念になることはしたいし、ドレスもやっぱり着てみたいな。
新婦
新婦

 

結婚式を挙げない分、写真撮影に予算を回すことが出来たのでドレスと和装の撮影をすることにしました。

 

ドレスでの撮影

当日、見事に雨も降らず晴れてくれました!

 

『フォトウエディング』に参加していただくのに、集合時間を決めていましたが皆様早く到着されて一緒にロケーション撮影を楽しまれました。

 

甥御ちゃんたちも元気に走り回っていたので、

ZAKI
ZAKI
ちょっと集合―!!シャボン玉吹きたい人は集まれーー!!

 

号令をかけると、走って集まる子供たち。

男の子三兄弟なんですが、とにかく元気が有り余っている様子。笑

 

ZAKI
ZAKI
じゃあさ、今度は”いっせーのーで”で目隠し出来る?

 

ーーー「うん、いいよっ!!」

 

「いっせーのーでっ!!」

個人的に、こんなカットが大好きなので子供ちゃんと二人にお願いしました。

 

満足でございます。

中々こうして、家族が揃って写真を撮ることが出来ないので、僕は『フォトウエディング』というものが好きなのです。

そしてフォトウエディングの始まり。

結婚式とは違って、リハーサルがないので会話をしながら呼吸を合わせて歩いてもらいます。

厳粛な雰囲気の中で行う結婚式も素敵ですが、『思い』を言葉に出して和やかに進めるこのスタイルも良いものです。

 

何が『良い・悪い』ではなくて、二人がどんなことをしたいのか、どんな風に過ごしたいかでやることは変わります

指輪が落ちそうになるくらい、傾いていますが・・・笑

 

仲良く、上手に持ってきてくれました。

わざわざ来てくれたおば様にもお手伝いをお願いして・・・

 

二人は誓いをたてます。

 

こんなに人前で笑顔になれる瞬間があるのも、幸せな時間が流れているからこそ。

 

その時間をつくるために、二人でたくさんお話をして、思いを共有しておかないといけないと思います。

 

 

和装での撮影

新郎新婦がお色直しをしている間は『中央公会堂』の説明をしたり、子供ちゃんたちには遊んでもらったり・・・。

 

お食事会場は料亭でしたが、タクシーで移動します。

料亭は『天王殿(てんのうでん)』という大阪市内では珍しい中庭がある料亭で食事会を行いました。

 

お部屋によっても舞台があり、写真撮影や余興スペースにはもってこいの雰囲気です。

 

 

まとめ

料亭でお食事会を行いましたが、その時の新郎新婦は衣装を脱いでいました。

  • 新郎はスーツ
  • 新婦はワンピース

 

新郎新婦を合わせて、両家の人数は14名でその内子供が3人です。

 

衣装を着て仰々しく行うよりも、あくまで会話を中心に交流するお食事会の方がきっと、結婚式後に相手の家族と仲良くなれる はずです。

 

結婚式のスタイルは人それぞれ。

 

結婚式場を決める前に、まずは二人でどんなことをしたいのか、どんなことに重きを置くのか・・・たくさん話して、両家の意向も聞きながら進めることでお互いの価値観も見えてきます。

 

結婚式当日は楽しい日になりますが、その日を迎えるまでの期間が、実は夫婦にとって大切な時間だと私は思います。

最新情報をチェックしよう!