実録!脱出ゲームウエディング【~謎解きは1.5次会の後で~その②】

「なにか人とは違う結婚式にしたいな」

「ゲストが楽しめる何かをしたいな」

「脱出ゲームとかできないかな?」

「楽しい結婚式にしたい!」

 

ゲストに楽しんでもらうために、世の新郎新婦は本当に色々なことを考えておられます。それもこれも、すべてはゲストの為。

 

この記事では、実際に結婚式で行われた脱出ゲームウエディングの様子 をまとめています。

前回記事にした「脱出ゲームウエディング」。

 

今回は当日の様子を記事にまとめました!

合わせて読みたい

「なにか人とは違う結婚式にしたいな」 「ゲストが楽しめる何かをしたいな」 「脱出ゲームとかできないかな?」 「楽しい結婚式にしたい!」   ゲストに楽しんでもらうために、世の新郎新婦は本当に […]

 

パーティ準備

ーーーAM11:00

 

パーティ開始はPM5:00から。かなり早めの『入り』ですが、それにはワケがあります。新郎新婦の二人が会場の設営 をするのです。

ウェルカムスペース、脱出ゲームのレイアウト・・・こだわりを詰め込みながら準備を進めます。

 

会場設営

ーーーPM2:00

 

新郎新婦の2人は『お着換え』に入ります。

このパーティに家族は参加しないけれど、始まる前に一緒に写真を撮るために親御さんも来てくれました。

 

二人の着換えが完了するまでに、スタッフが会場の設営を完成させていきます。

スタッフの読み合わせも終わり・・・

 

 

パーティ前の写真撮影

ーーーPM4:00

 

2人のお支度が整いました。

どうです?!

この綺麗な花嫁さん。レトロな館内の雰囲気も相まって、めちゃ綺麗です。

新郎も準備バッチリ。

写真からでも伝わる良い人感、誠実感…最高です。

 

パーティが始まる前に、少し写真撮影。

しかし、絵になりますね~。何かのポストカードのようなイメージです(*^^*)

 

受付開始

ーーーPM4:30

 

受付が始まりました。

着々とゲストも到着して、新郎新婦が用意したグッズをご覧になられています。

 

実はこの席札も、この後に控えている『脱出ゲーム』で必要になろうとは、この時まだ誰も知らないお話。

 

 

パーティスタート

ーーーPM5:00

 

パーティがスタートしました。

 

新婦
新婦
パーティのどこかでキャンドルサービスをしたいんです。

新婦の希望でしたが、キャンドルサービスって皆様『お色直しの入場時』にするもの っていうイメージをお持ちだと思います。

 

2人の場合は、お色直しが終われば『脱出ゲーム』が始まります。

さて、どうしたものか・・・。

 

ZAKI
ZAKI
パーティの一番最初の入場時にしましょう!
このパーティ会場の火を灯して、会場装飾の完成にしましょう!日没の時間ではないですが、会場内をうす暗くして、スポットライトは無しにするので、大人ウエディングの雰囲気 になりますよ。

このムーディな雰囲気が、会場のレトロ感と二人の雰囲気にピッタリ合いました!

 

乾杯発声者が2人の訳

新郎のウェルカムスペース、そして乾杯へと移りますが・・・乾杯の発声者が二人いますよね?

別に一人じゃないといけない決まりはないです。

 

もともとは、違う人にお願いする予定だったんですが、このお二方にお願いをしたかという理由がちゃんとあります。

 

ーーー打ち合わせの回想

ZAKI
ZAKI
乾杯のご挨拶はどなたにお願いするか決まりましたか?
会社の同僚で明るくて、話上手な人がいるのでその人にお願いしようと思いまして。
新郎
新郎

 

 

〇ゲストの内訳

ゲスト総人数30名未満

・新郎側…12名様

・新婦側…18名様

 

 

新郎側の12名中、10名が会社の同僚です。残り2名が大学院時代の友人。

そうです、乾杯の発声者はこの大学院時代の友人2名様にお願いしたのです。

 

なぜかというと、ほぼ間違いなくこの友人2名様は浮いてしまうから。

 

言い方は悪いですが、会社のご同僚10名様は放っておいても盛り上がります

最近の新郎のことも知っているし、仲間がたくさんいるから。

 

それなら、まず気にしてあげないといけないのは、この2名だけの友人 ということです。

 

乾杯の発声で「あの2人はこんな人たち」という認識を周りに持たせることができれば、会社の同僚の方々もお話しやすくなります。

そうすると、このように迎え入れてくれます。

 

「良いご挨拶でしたね!」

「乾杯!」

 

そんな風にして、会場全体が一つになっていきます。

 

 

ゲストに感謝を伝えるためにした2つのこと

新婦
新婦
とにかく、当日来てくれるゲストの人たちが楽しめるようにしたいのと・・・来てくれた感謝の気持ちを伝えたいんです。

 

お会いした当初からゲストのことをかなり気にかけていた2人。

ゲスト同士で知り合いの人もいれば、お一人で来てくれている人たちもいる。

 

そんな人たちが仲良くなれるように提案したのは新郎新婦からの『ゲスト紹介』。自分たちにとって、『どんな人か』を全員に紹介するのです。

 

ただ、これはかなり時間が掛かるために2人は別の方法で考えました。

 

ゲストスピーチ&プレゼント

新郎新婦には、ゲスト全員分のお人柄を事前に書いて用意してもらいました。

 

それを司会者に渡して、新郎新婦がくじを引いて当たった方にはプレゼントを渡すというもの。

 

ただプレゼントを渡しても面白くないので、ゲストブックをもとに司会者とマイクの掛け合いをしてもらうのです。

新婦側ゲストのほうが多いのに、不思議と新郎側しか当たらない・・・。

くじ運が良いのか悪いのか。笑

 

やっと当たった新婦側ゲストさん。

底抜けに明るい方でしたが、こんな方がいるだけで会場は本当に助かります。笑

とても明るく、楽しくなりますので♪

 

 

 

歓談時間の使い方

そして2つ目は、歓談時間をフルに使ってゲストとお喋りすること。

新郎新婦がゲストテーブルに移動して、パートナーを紹介したり、ゲストを紹介しました。

これはなかなか出来ないです。それこそ進行がたくさんある披露宴ではとてもとても・・・。

 

しかしゲストにとっては、こんな時間が実は「良い結婚式だったね」に直結 します。

自分のことを紹介されて、直接「来てくれてありがとうね!」って言われたら嬉しいですよね。

 

「来てよかった」ってなりませんか。

 

 

パーティ終盤

パーティも終盤。

もうゲスト同士の垣根はありません。その場にいる全員で楽しめる空間になっていました。

 

ケーキ入刀

新郎新婦がお色直しをするタイミングで、2人にはケーキの入刀を行っていただきます。

 

結婚証明書への捺印

新郎新婦がお色直しでいない間に、ゲストの方々には『席札の色分けされたグループ』で結婚証明書に捺印をしていただきます。

席札の、各色分けられているグループがこの後の『脱出ゲーム』でチームになるのです。

 

脱出ゲームの様子は次回の記事で更新させていただきます!

最新情報をチェックしよう!