全国平均から見る結婚式場の見積りの不思議

結婚式ってどんでもない費用が発生すると思われている方が多いです。

 

結婚式もさることながら、同じタイミングで【指輪・新婚旅行・新生活準備】などもお金が掛かりますので二人からすると

新婦
新婦
節約できる部分は節約しなくちゃ!!

と思われて当然ですよね。

 

何かと物入りなこの時期・・・二人は一体何にこだわりを持って予算立てをしますか?

 

 

結婚式の平均額

結婚式の費用はおいくら程掛かるかご存知でしょうか?

 

全国平均約360万円

 

皆さんこの金額を見て高いと思いますか?安いと思いますか?

 

人数や内容によっても、金額の高い安いは異なると思いますがパッと見でこの金額を見せられると私は「高っ!!!」って思ってしまいます。

 

しかしこの金額が100名様での金額なら「安いなぁ」と思いますが・・・。

 

そして人数ですが、平均招待人数は約60~70名様程と言われています。

 

あくまで平均の数値ですが、60~70名様の結婚式で約360万円程の結婚式が多いということです。

 

ゲストの単価とは?全国平均の60名360万円という結婚式。単純に360万円を60(人)で割ると、ゲスト一人あたりの単価が6万円になります。
お一人様の御祝儀金額を3万円と計算すると180万円がご祝儀金額として集まります。その差額が二人の自己負担金ということになります。
※とても失礼な言い方ですが・・・。

 

 

 

ご祝儀の平均額

結婚式を挙げることになれば、当日ゲストの皆様からご祝儀を頂くことになります。

 

ご祝儀の平均額というのも「ゼクシィ結婚トレンド調査」で毎年発表されています。

 

  • 親族:6.7万円
  • 友人:3万円
  • 上司:3.9万円

 

新郎新婦との関係性によって包まれるご祝儀額というのも変わります。

 

親族や会社のご上司の方を招待したとして、お一人あたりのご祝儀の平均金額は3.3~3.4万円というふうに言われています。

 

ーーー例:60名で204万円(3.4万円計算)

 

 

※御祝儀に関する記事もありますので良ければご覧ください。

そもそも御祝儀って?改めて祝儀について考える

 

 

初期見積もりの不思議

全国平均は360万円のようです。

あくまで平均なので、式場によって当然掛かる金額は違います。

 

ですが大体の式場は、式場見学に行くと60名様で約230~240万円で出されていることが多いです。

一番初めに出される金額は300万円ほどで、特典や割引がたくさん付いて上記金額に落ち着いている所が多い)

 

これだけたくさんある結婚式場が、大体同じような価格帯です。

 

式場見学に行った時に出される初期見積もりの下の方に「ゼクシィトレンド調査」によるご祝儀の計算式が記載されています。

 

【60名様の招待×ご祝儀平均3.4万円=204万円】

 

60名招待したら200万円以上のご祝儀が集まりますよというふうに記載されています。

 

つまり、二人の自己負担金は50万円以内で結婚式が出来ますよということが言いたいわけですね。

 

 

集まるご祝儀の平均額は丁寧に記載して「二人の負担金が少なくなる」ように見せているのに、実際に使われている全国平均の費用額は一切出てこないんですよね。

 

240万円の見積りなら、全国平均から120万円も低いんですよ?

 

二人だけの特別な割引が付与されているのか、これからどんどん上がるのか、もしくは本当にその金額で出来る式場なのか、そのあたりのことをハッキリしないとこれから先怖いですよね。

 

 

まとめ

平均というのも、実は曖昧なものです。

この平均数字は、

 

10名の結婚式で80万円、110名の結婚式で640万円

 

この2組の結婚式は内容も金額も全然違うことは想像に難くないと思います。

 

しかし、平均にすると60名様で360万円になります。

 

 

これから結婚式場を探し出そうとしている方にまずしてほしいことは

 

  • その1.二人が「どんな結婚式にしたいのか」を漠然とでも良いのでたくさんお話をしてほしい
  • 招待しようと考えている列席者名簿を細かく想像してほしい
  • 結婚するにあたって何にこだわりを持つのか決めてほしい

 

※ご列席者名簿の作成は以下の記事を参考にしてください。

式場見学に行く前にすること!【人数編】

 

たくさん決めることはありますが、急がず、しっかりと二人の価値観と希望イメージをすり合わせることが大切です。

最新情報をチェックしよう!