親族の着物は何を着るべき?着物の種類とパターンで選ぶ

最近着物をお召しになられる女性ゲストが多くなってきたように思います。

 

ご自身でお持ちだったり、両家の意向で「洋服」で過ごされるのも良いかと思いますがやはり着物をお召しいただくと結婚式当日が華やかになるのでお勧めです。

 

 

着物の種類

結婚式でよく見かける親御さんが着ている黒色の着物や、成人式で女性の方が着る着物など種類がたくさんあります。

 

結婚式でよくお召しになられる機会の多い着物は以下の通りです。

 

 

黒留袖

既婚女性が着る着物の中で最上位とされる着物。帯から上には柄が入っておらず、家紋は5つ(胸元2つ、背中1つ、両袖2つ)入っています。

また、裾部分には縫い目をまたいで施される模様、絵羽模様(えばもよう)が施されています。

 

  • 既婚女性が着用
  • 家紋は5つ紋
  • 帯から上には柄がない
  • 絵羽模様がある

 

黒留袖は基本的には両家のお母様が着用しますが、親戚のおば様、おばあちゃん、義姉妹様も着用することが出来ます。

 

しかし、両家のお母様が黒留袖を着用しない場合は、他の既婚女性は黒留袖を着用しないほうが良いでしょう!

両家のお母様が黒フォーマルなのに、親族の方が最礼装の黒留袖を着用してしまうと失礼にあたります。

 

黒留袖を着用するゲスト一例両家のお母様、祖母様、義姉、義妹、親戚の伯(叔)母様など、既婚女性が着用します。

 

 

 

色留袖

黒留袖は着物を黒に染めているのに対して、色留袖は黒以外の単色で染められた留袖となります。

黒留袖が最礼装に対して、色留袖は礼装・準礼装と位置付けられています。

 

  • 未婚、既婚問わず着用できる
  • 家紋は3つ紋、もしくは1つ紋
  • 礼装、準礼装

 

色留袖を着用される方は、若目の義姉妹の方(20代~30代後半)、未婚の新郎新婦の姉妹の方がお召しになるケースが多いです。それ以外の方も着用されるケースはありますのでご安心くださいね。

 

色留袖を着用するゲスト一例義姉、義妹、親戚の伯(叔)母様が主に着用します。

 

 

 

 

 

振袖

振袖には「大振袖・中振袖・小振袖」の3種類あり、それぞれの振袖は袖の長さが異なります。

袖の長い着物の方が格式高く、未婚女性が着用する最上位の着物とされています。

 

  • 大中小の3種類ある
  • 未婚女性が着用する最上位の着物

 

ーーー大振袖

大振袖の袖はとても長く、床を引きずる程あることから「御引きずり」「引き振袖」と呼ばれ、花嫁衣装として着用されることが多いです。

 

ーーー中振袖

成人式などで着用されるものは中振袖が一般的です。

 

ーーー小振袖

あまり世間では認識されていないと思いますが、一番袖が短い振袖で、袴やブーツなどと合わせるとバランスが良いので卒業式などで着用されることが多いです。

 

 

振袖は「振(ふ)る袖」とも言われていますが、その昔、未婚女性が男性を惹くために華やかな袖の柄を見せて手を振ったことからこのように言われているそうです。

 

既婚の女性が柄行が派手な着物を着て袖を振るべきではないということで、振袖は未婚女性が着用するものとされています。

 

振袖を着用するゲスト一例未婚女性全般。

振袖は基本的に未婚女性が着用しますが、姉妹、従姉妹、受付担当者の方が着用するケースが多いです。

花嫁衣装として振袖を着用する新婦も多いですが、ゲストも振袖を着用している場合は「色打掛着用時に使用する小物セット」を振袖に使用するなど、差別化を図る方が良いでしょう。

 

 

 

訪問着

訪問着は既婚、未婚問わず着用することが出来ます。結婚式はもちろん、入学式や卒業式などの式典催事、余所行きやお出かけの際にも適しています。

 

 

  • 既婚、未婚問わない
  • オールマイティに着用できる

 

 

訪問着を着用するゲスト一例姉妹、従姉妹、伯(叔)母様、友人知人の女性ゲスト様。

 

黒留袖や色留袖と違い、訪問着には家紋が付かないことが多いです。

また、「付け下げ」と呼ばれる着物と混合される方も多いですが、大きな違いは訪問着よりも柄行が地味で、絵羽模様になっていないです。

 

 

誰が何を着る?

他にも「小紋」や「色無地」、「付け下げ」などもございますが、結婚式に参列される方が着用する着物は上記に挙げたものが中心となります。

 

たくさんある着物の中で、誰が何を着るのか、よくある例として見ていきましょう!

両家お母様黒留袖
姉妹黒留袖、色留袖、訪問着、振袖
おば様黒留袖、色留袖、訪問着
従姉妹色留袖、訪問着、振袖
女性ゲスト振袖

 

※こちらはあくまで参考例です。

 

誰が何をお召しになるのか、基準となるのは「両家のお母様」です。親御さんが着物をお召しになられず黒フォーマルを着用した場合、他の親族様は着物を着用しないほうが無難です。

お母様が黒フォーマルなのに、親族のおば様が黒留袖を着るのは失礼にあたります。

 

 

両家の親の衣装は違ってもOK?

では両家のお母様が別々の衣装を着るのはどうでしょう?

例えば新郎側の母親が黒留袖、新婦側の母親は黒フォーマル・・・。

 

一概には言えませんが、ご両家の親御さんが納得されているならOKだと思います。

しかし、新郎側のおば様も黒留袖を着ているのに新婦の母親は黒フォーマルを着ているケースを想像してほしいのです。

 

少しでも引っかかる気持ちがあるなら、やはり両家で着物を合わせた方が無難でしょう。

 

両家で着るものは合わせた方が良い本当のところを言うと、両家の親御様が着る衣装は合わせた方が無難です。「好きなものを着させてよ!」というお気持ちも分かるのですが、主役は新郎新婦であり、お相手の親族もいらっしゃり、主賓としてお招きしているゲスト様もいらっしゃいます。着る衣装一つとっても、相手に与える印象、マナーというものは恐らくあるはずです。

 

 

 

 

新郎新婦がいない所で作りあがる結婚式

新郎新婦のお二人はゲストに対して「おもてなしをしたい」「感謝の気持ちを伝えたい」と思って結婚式の準備を進めます。

結婚式当日、二人は精一杯のおもてなしをされるかと思いますが実は二人がいないところでもゲストに与える印象というのは大きいものです。

 

例えば親御様が各テーブルにご挨拶に行かれたり、ゲストの方へお心遣いをされたりすると喜ばれます。

 

「親御さんにまでここまでしていただいて、来てよかった」

 

立食パーティで和気あいあいというパーティも素敵ですが、王道の結婚披露宴でのこういうことがあるからこそ、日本の結婚式は「両家の繋がり」「おもてなし」を感じるんだと思います。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!